企業が「コミュニケーション能力が高く、チャレンジ精神旺盛な人」を求めているとします。そこで、それほどコミュニケーション能力も高くなく、チャレンジ精神も旺盛でないのに、そのように自己PRをしても内定はもらえません。

説明会のときや面接での雰囲気などで、それほどコミュニケーション能力も高くないし、チャレンジ精神旺盛ではないことがバレてしまう。また、万が一バレずに入社出来たとしても、入社後自分を隠して仕事をするので辛いものが待っています。企業からはコミュニケーション能力が高い人やチャレンジ精神旺盛な人がやる部署に配属される。そうすると、無理して自己PRをした人であればあるほど、日々大きなストレスの中で仕事をすることになるのです。待っているのは、せっかく第一志望に入社出来たのに、嫌気がさしてすぐに退職をするという結果か、我慢をしてうつ病になるかです。そうではなくて、自分の強みでもありながら、企業が求めている能力にもなりそうなもの、のようにバランスをとりながら考えてアピールすることが自己PRなのです。自分と周りの人(他人)もバランス。自分のことしか考えていないで行動をすると自己中心的な、ワガママになります。逆に周りの人のことばかり考えて、自分のやりかいことをまったく行動出来ないでいると、ストレスになるし、楽しくもないですよね。だから、両方のバランスをとる。最新就職面接サイトでも自分も楽しめて、周りの人も喜べるような行動をする点が重要視されていますね。このように空気を読みながらこれをすることが気配り力というのです。