十数年前までは精神科に通院する人が少なかったことから専門医の人数も多くなかったですが、現在はストレス社会ということもあり病院やクリニックだけではなく企業にも需要があるからこそ、専門医師のニーズも増えています。
精神科医が転職するタイミングとしては、精神科医としてある程度の経験を積まなくてはならないことです。

これは他の専門医も同様に自分の専門としている分野の知識だけではなく、あらゆる症状で悩んでいる患者を診断し適切な処置をすることによってスキルを積むことで、転職する時にプラスになるのです。
また近年精神科は大人だけではなく、小中学校に通っている学生や就学前の幼児を診るケースもあり、年齢に合わせた対応も必要なことから専門の知識だけではなく柔軟性に富んだ人材を求められることもあります。
中には他の専門医師が精神科の医師として転職するケースも見られますが、治療の大半が心のケアをすることから残業や当直や手術することがほとんどない反面で、ストレスも溜まりやすく初めて精神科医として働く場合には、前もって調べてからでないと転職後に後悔するケースもあります。
とは言え、精神科医が自分の力やコネだけで、転職先の情報を調べ上げるのには限度があります。
精神科医が転職するには、医師転職ドットコムやエムスリーキャリアなど、医師の転職に精通している転職サイトに登録する事が不可欠です。
>>おすすめの転職サイトはこちら!