採用面接を受ける前にしっかり用意をしておくことが、就職のポイントです。就職採用試験では、採用担当者との面接試験が、必ずといっていいほど行われます。面接試験を突破しない限りは、つきたい職業につくことができません。面接試験の対策を何もすることなく、いきなり面接の本番に臨むようなことは、あまりにも危険すぎます。

どんなに立派な人間であっても、面接の場でしくじってしまえば、相手に評価されることはなく、不採用になってしまいます。やはり面接試験に行く前には、面接対策をしておいた方が、気分的にも安心できます。

面接の準備として、やっておいたほうがいいことはいくつかありますが、まずはきちんと話せるようにすることです。この時、面接の場で話すことと、履歴書に書かれたこととで、食い違いが出ないようにしましょう。あらかじめ、面接で聞かれそうなことを考えてから、その問いに対する答えを用意しておくことです。

もちろん忘れてはならないのが、笑顔の練習です。自分では笑顔になっているつもりでも、他の人から見ると自然な笑顔に見えないよではいけません。わざとらしい笑顔を浮かべていると、信用のおけない印象を相手に与えてしまいますので、鏡の前で訓練してみましょう。

面接の対策本を参考にしながら質問に対する回答を想定することも大切ですが、鏡の前で自分の笑顔を確認し、自然な笑顔が出せるようにもしておくことも必要です。