精神科医転職時の条件

十数年前までは精神科に通院する人が少なかったことから専門医の人数も多くなかったですが、現在はストレス社会ということもあり病院やクリニックだけではなく企業にも需要があるからこそ、専門医師のニーズも増えています。
精神科医が転職するタイミングとしては、精神科医としてある程度の経験を積まなくてはならないことです。
続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

転職のコツ

焦燥感に駆られながら転職活動をすると、慎重に検討する余裕がなくなって、年収よりも採用されることを優先して仕事を選びがちです。
その結果、以前よりも収入が減ることもあるのです。

そうなってしまっ 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

就職セミナーで着用すべき服装とは

就職セミナーでは、特に服装の指定がないところが多いようですが、服装や、持ち物については、どう考えるべきでしょう。
スーツを着用して就職セミナーに来ている人が、ほぼ100%といっていいでしょう。
参加説明では、服装について特に指定がないのに、大抵の人がスーツを着て参加しているのは、どういう意味あいからでしょうか。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

女性の仕事の傾向

一般的に、女性が雇用実践に取り組む際には、旦那以上にお年のマイナスがズームインされます。

どの仕事への雇用実践をするかによっても取り入れ状況は異なりますが、傾向としては、共通のものがあるといえるでしょう。

一般的には20代のうちに雇用を行う方が良いと言われています。20代であれば各種労働を選択する違いがありますが、30代になると雇用こなせる就業が次第に減って来ます。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

しっかりと狙うことが大切

求人を応募する前にやるべきことがたくさんあります。
そのひとつひとつをクリアしていくことで、良い結果が出せることになります。

まずは失業している人はもちろん、転職しようとしている人は早く職場を見つけたいと思う人は少なくないと思います。
中には焦っている人もいるでしょう。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

私は国家資格である歯科技工士になる為に歯科技工の専門学校へ通い、
学校に来ていた求人要項から歯科技工所への入社が決まりました。
続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

有効求人倍率とは

全国のハローワークの求職者数と求人数との割合を示す言葉を、有効求人倍率といいます。

ハローワークだけに限定せずに、求人数と求職者数との割合を示すものを単に求人倍率と呼んでいます。

いずれも求人数を求職者数で割って算出します。

求人10件に対して求職者が5人なら、求人倍率は10÷5で2.0です。

有効求人倍率の数字は、求職者1人に対して求人がある量を示しているのです。
続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

諸条件をすべて交渉してくれる紹介会社

看護師紹介会社は、とても便利です。諸条件をすべて交渉してくれるからです。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

看護師求人を利用しよう

転職を考えている看護師は、少なくありません。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。

転職希望です。

職業を変じたいと偲んた星霜により有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士がおすすめです。これまでの仕事で積み重ねた経験を生かした転職を作り出そうと思いついている方にもおすすめしたい資格です。 続きを読む »

  • コメントは受け付けていません。
« 前のページ  次ページへ »